キャバクラの仕組み

改めてキャバクラとはどんな仕組みになっているのでしょうか。

というかキャバクラに行ったことが無い、という人も大勢いると思いますが、私も個人的にはアレの何が楽しいのか、イマイチ理解できません。
だって、隣に座る人って、言ってしまえばプロでやっている人もいるなかで、アルバイトや副業感覚でやっている人もたくさんいる世界です。
そんな人たちが会話がうまかったり楽しませてくれるかと言えば全然そんなこともなく、更に美人ならまだしも中流以下程度のひとだってたくさんいます笑。

言い換えると、私は礼儀正しいキャストと呼ばれているミス・カバと関係があって、酒を飲みます、そして、キャバレー・クラブはものを言う場所です。

私は明るく機能しているキャストに対してその人の話をして、キャストの物語を聞きます、そして、キャストは特に訪問客の物語を聞きます。
ストレスは、それを聞いているキャストが同情するならば、訪問客がキャストに不快なものを話すことによって落胆していて、強い理解がある人をつかまえることができるムードを示すことができます。
人に言うためにストレスをリラックスさせることが同時に実際にはそれを誇りに思うことになっているので、感覚は快適になって、楽しみになります。
さらにまた、私がキャストと単純なゲームをするならば、それはより多くの楽しみになります。
しかし本当に楽しいと思えたことない私からしたら、やっぱり理解できないんですよね。



◆関連サイト
キャバクラの求人を掲載しているサイトです。アルバイト、副業の参考にどうぞ =≫ キャバクラ 求人